Akari Uragami

6/16~

サンフランシスコと東京を拠点に活動。
アノニマスな肉体を主題に、それらが混ざり合い作り出す環境などを表現した染色、立体、絵画を展開している。
色彩や皮膚としての衣服、柔らかさなど最低限の記号性を再構築し、生物的、文化的存在としての人間の抽象的表現を試みる。
今回初の国内アーティストとしてCREATORS IN MUSTARDに参加する。

MUSTARD HOTELでは彼女の活動を支援し、6/16-18にMUSTARD HOTEL 2FのART GALLERYにてライブペイントを実施し現在はART GALLERYにて壁画を展示中。

 

Akari is based in San Francisco and Tokyo.

With anonymous flesh as her main subject, she creates environments by developing various dying, painting, and soft sculpture techniques.
She creates an abstraction of humans’ most basic aspects by breaking down and rebuilding various colors and ‘skins’.
The work speaks to semiotics related to biology, culture, and our notion of softness.
This is the first domestic artist to participate in ‘CREATORS IN MUSTARD’

 

 

 

BACK TO INDEX

Book Now

Close
Close
Close